震災フォーラム

去る3月20日、東京都港区南麻生 母児愛育会 研修室で開催されました、『第2回わたしたちの震災フォーラム』に参加して参りました。

第2回わたしたちの震災フォーラム ポスター

このフォーラムは震災後より、福島県相馬市の児童を対象とした、『ニコニコキャンプ』の5年間に及ぶ活動報告をメインに、行政から相馬市の現状報告、ガールスカウト・ボーイスカウトの震災支援の取り組み、企業(イオン、ヒューレットパッカード社)における震災支援など、各分野での取り組み(特にニコニコキャンプへの支援)が報告されておりました。
そのような場所になぜお招き頂いたかと言うと、震災後に福島県内で発足した医療者の関わるキャンプ、という事で『すくすくキャンプ』が推挙頂いた経緯がありました。
確かに、ニコニコキャンプの成功を受けての、キャンプ発案であった事は事実であり、自称姉妹キャンプとして報告して参りました。

ニコニコキャンプを支える多くの方の思い、また福島県の子どもたちへの支援の思いを拝聴し、改めて深謝の思いでした。
貴重な発表時間を頂きつつ、様々な職種の方から、助言を頂くことができ大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

母児愛育会の総裁を務める秋篠宮妃殿下もご出席されており、小生の発表も傾聴頂き、その後の交流会では直接お声も掛けて頂きました。
優しいお言葉には大変感動しました。

キャンプ活動を通じて、子ども達の未来・希望に託す思いは、私も確かなものを持っていると思っております。
今後の活動に真摯に取り組んでいきたいと思います。  増山

NICU卒業生キャンプ『すくすくキャンプ』の取り組み スライドタイトル