第3回すくすくキャンプのお知らせ

第3回すくすくキャンプポスター

梅雨入り前ですが、すっかり夏めいてきており、キャンプを心待ちにしている今日この頃です。皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

サイト更新に手間取って大変申し訳ありませんでした。今年度もすくすくキャンプの正式募集を開始致します。

今年度は、Nくらぶ(福島NICU親の会)と、福島県新生児医療連絡会の合同で、『すくすくキャンプ実行委員会』を運営し、昨年まで同様に「国立磐梯青少年交流の家」さんに共催事業として指導して頂きます。

もちろん、例年同様に、福島県猪苗代湖畔そして磐梯山の雄大な自然を体験して頂きたく、県内外からもキャンパーを募集致します。

まだまだ活動内容などを企画中であり、スケジュールの変更がありますが、現段階での情報公開です。

記:

1.会期:平成28年8月8日(月)~9日(火)

※8日午前10時~9日午後16時頃までの予定です。

 

2.会場:国立磐梯青少年交流の家 およびその周辺(猪苗代、磐梯、裏磐梯)

 

3.プログラム内容:交流レク、自然体験、野外炊飯、もの作り・文集作成など

※今年度は一泊二日のため、好評であったカヌー体験は残念ながら、実施致しません。

 

4.参加費:一律5000円 おとな・こども

 

5.募集対象:NICU卒業生とその家族

※県内外から10~13家族ほどを見込んでおります。募集申込みが多い場合は、新規申込みの方を優先させて頂きますので予めご了承下さい。

 

 6.締め切り:6月30日(木)

※募集申込みが少ない場合は、延長することがありますが、早めにお申し込み下さいますようお願い致します。

7.問い合わせ先:

すくすくキャンプ実行委員会

<Nくらぶ(福島NICU親の会)&福島県新生児医療連絡会>

sukusukucamp.gmail.com

震災フォーラム

去る3月20日、東京都港区南麻生 母児愛育会 研修室で開催されました、『第2回わたしたちの震災フォーラム』に参加して参りました。

第2回わたしたちの震災フォーラム ポスター

このフォーラムは震災後より、福島県相馬市の児童を対象とした、『ニコニコキャンプ』の5年間に及ぶ活動報告をメインに、行政から相馬市の現状報告、ガールスカウト・ボーイスカウトの震災支援の取り組み、企業(イオン、ヒューレットパッカード社)における震災支援など、各分野での取り組み(特にニコニコキャンプへの支援)が報告されておりました。
そのような場所になぜお招き頂いたかと言うと、震災後に福島県内で発足した医療者の関わるキャンプ、という事で『すくすくキャンプ』が推挙頂いた経緯がありました。
確かに、ニコニコキャンプの成功を受けての、キャンプ発案であった事は事実であり、自称姉妹キャンプとして報告して参りました。

ニコニコキャンプを支える多くの方の思い、また福島県の子どもたちへの支援の思いを拝聴し、改めて深謝の思いでした。
貴重な発表時間を頂きつつ、様々な職種の方から、助言を頂くことができ大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

母児愛育会の総裁を務める秋篠宮妃殿下もご出席されており、小生の発表も傾聴頂き、その後の交流会では直接お声も掛けて頂きました。
優しいお言葉には大変感動しました。

キャンプ活動を通じて、子ども達の未来・希望に託す思いは、私も確かなものを持っていると思っております。
今後の活動に真摯に取り組んでいきたいと思います。  増山

NICU卒業生キャンプ『すくすくキャンプ』の取り組み スライドタイトル

まだまだ雪の深い、猪苗代より・・・皆様へ

みなさま、本年も宜しくお願い致します。

IMG_0275

前方に見える、あの見覚えのある建物。

IMG_0273

2016年2月14日(日)
そう、磐梯青少年交流の家にやって参りました。
ガスが多く、バックの磐梯山は完全に見えなくなっておりましたが、われらがすくすくキャンプの拠点です!

2016年度のキャンプ開催に関して、前向きに協議してまいりました。
情報は随時アップしてまいります。

今年度もどうぞ宜しくお願い致します。